教えるって         教わること

Blog

勉強は何のため?


テストがあります。

受験があります。

だから、「勉強」する。

でも…

やる気が起きない。

どしてでしょう?

テストも受験も

勉強とは関係がないからです。

テストや受験の目的は

出題者が「正解」と認める答えを

解答用紙に書くことです。

受験対策として、過去の入試問題

を解く理由も、ここにあります。

しかし、果たしてこれを勉強と

呼んでいいのでしょうか?

出題者は常に優位な立場にいる。

しかも、その立場は不動のもの。

とにかく良い点数が取りたければ

出題者に従う以外、ありません。

だから、テスト対策や受験対策は

やり過ぎると頭を悪くします。

気をつけましょう。

ところで、なぜ、人生の初めに

勉強をすることになっているのか

考えたことはありますか?

それはこれからの人生に

勉強を役立てるためです。

仕事で使える英語を勉強しましょう。

そんな話がしたいのではありません。

人生に迷いが生じたとき

人生で挫けそうになったとき

人生で希望を失いかけたとき

そういうときこそ、役に立つのが

本来の勉強です。

そういう勉強であれば

やる気は自然と湧いてきます。

では、人生の役に立つ勉強とは

具体的にどういうものでしょうか?

ブログ・リスト
テーマごとに